相手がいるのに一線を越えてしまうのが不倫ですが、相手を替えて何

相手がいるのに一線を越えてしまうのが不倫ですが、相手を替えて何度も重ねる例も少なくないようです。
浮気が発覚して、一応反省はするものの、浮気相手と示し合わせて猫をかぶっている恐れは充分あります。
言動から怪しさを感じ取るようなことがあれば、探偵を雇って行動調査をしてもらって、相手の不貞行為が明らかになるような証拠を見つけて、責任をとらせるべきではないでしょうか。
興信所に調査を依頼するには、まずは先に電話をかけます。
心配なら非表示でかけるのもOKです。
電話を通した相談で感触が良く、細かく相談したいと思ったら、最寄りの営業所まで行きます。話が済んで信頼できる会社だと思ったら契約書にサインして、本当の調査が始まるのです。
普段は浮気と不倫の違いなんて気にすることがないでしょう。厳密に言うと不倫は、双方か片方に配偶者がいて、それなのに性的な関係を持っていることを言います。ですから不倫の場合、相手にも配偶者にも賠償を請求することが可能です。
探偵を頼んで不貞行為の証拠を押さえ、多額の賠償を請求することによって現実に立ち返らせ、不倫関係を精算指せるというケースも多いです。資格不問で採用して貰えるのが探偵社ですが、不倫調査などのように具体的なしごとをこなすには、しっかりとしたスキルが必要です。
そういった教育に配慮がないところでは、マニュアルをさらったぐらいのアルバイトが現場に配置されていることもない訳ではなく、安すぎるところは疑ってかかったほうが良いかもしれないでしょう。せっかくお金を払うのですから、相応の技術力を備えたプロが担当すること。
それが、成果に繋がるのは言うまでもありないでしょう。
ほんの火遊びのつもりでも、パートナーにしてみれば、信頼も人生設計もすべてが揺らぐのが不倫です。許しがたい不貞行為を好き放題にやらせておく理由はないはずです。
不倫の証拠収拾というと定番なところではケータイチェックでしょう。用心してフリーメールを使っていたり、ライントークで不倫相手と連絡をとっている可能性があります。未成年の子がいて離婚する場合、浮気していた側は親権が得にくいという話が蔓延しているようです。道義的には分かるだけに無理もないのですが、本当のところは違います。
調整や裁判でのおこちゃまの親権と言うのは、日常的に子と生活をいっしょにしているかとか、どれくらい育児に関心を持ち、かかわっていたかなどを重くみる傾向があります。最終的には子の育成にどれだけ適した環境を用意できるかが最優先で考えられているわけです。最近不審な電話があるため夫の浮気が気になり、友人宅のPCを借りて探偵社を探してみたのですが、該当ホームページがぞろぞろ出てきたのでびっくりしました。
3社ほど問合せして、応対が優れていて値段も高くない興信所に調査を依頼しました。
いくら浮気を疑っていても、あれだけの証拠を目の当たりにすると、さすがに落ち込みました。
探偵業者を使って浮気調査をして貰う場合、交際関係や立ち寄り先など細かいことでも伝えておくと、料金請求時に安く済むでしょう。
何もかも調査員にやらせようとすると、ゼロからの積み上げで調査する分、時間と手間がかかり、それが費用に反映されてしまう為す。いっしょにいれば判ることも多々あるでしょうし、冷静に観察に励み、記録にのこしておくと今後の大きな助けになるでしょう。浮気調査などで探偵社に依頼する前に標準的な料金を理解していないと、意外に高額で、「騙されてる?」と思った人もいるそうです。なにせ、時間あたり1万円程度を予想していると確実です。
一般的に言えば「高い」と感じますよね。仮に尾行の日数を増やそうものなら、依頼者の費用負担は増加するため、どれだけ費用がかけられるかあらかじめ考えておくようにしましょう。
私は31歳の自営業者です。
2年前に結婚した同い年の妻はパートで病院の受付をしています。
この前、彼女の不倫がわかりました。
こっちは怒り心頭なのに、妻は独自の理由を並べたてて勝手に怒り、反省した気配もありないでしょう。このままやっていく自信がありないでしょう。浮気といい、この態度といい、どれだけ人を苦しめれば気が済むのでしょう。
放っておくと、なしくずし的におわりそうな気配なので、何か手を打とうと思っています。浮気の気配を感じたら、すぐに探偵業者に依頼しないで、まずは無料で相談してみるのも手です。
家庭内でのゴタゴタで気持ちの安定を欠いているときに、見知らぬところに極めてプライベートな調査を依頼するのは、やはり無理があります。リスクや不安は少ないほど良いのですから、まず相談だけしてみて、誠実そうなところを選べばよいのです。浮気していたことがわかり、離婚調停や裁判ということになれば、まず必要となるのは浮気の証拠でしょう。
一例を挙げると、肉体関係があると客観的にわかるような手紙やメール類、配偶者とその相手がホテルから出てくる写真や、交際相手と交換した念書、旅行メモ等です。
また最近は、スマホのフリーメールやラインの履歴が証拠として採用されるケースがあります。興信所のしごとと聞いて、ほとんどの人が尾行を想像することでしょう。
ターげっと〜となる人物に絶対に気取られないよう追跡しながら、状況を報告したり、裏付けをとったりする作業です。
露見することはまずありないでしょうが、調査員は対象の動きを予測しておかなければなりないでしょう。
どんなに突発的な行動をとられても、最善の判断で職務を遂行するのが探偵の業務です。
相手に知られては依頼者の不利になるので、必死です。
私がどうやって浮気者の嘘を見抜いているかお教えしましょう。
簡単です。
遠まわしに探りを入れず、ただ質問するだけです。嘘をつく人間と言うのはやたらとハキハキ回答したがりますから、それを見るだけです。ちょっと質問しただけなのに、どんどん話を付け足していくのは怪しさ満点です。後ろめたいことを隠しているときは、偽りの真実を美しく塗り固めようとして話し続け、ボロが出ます。
また、不自然に目を逸らそうとしたり、視線を避けるために激昂したりすることからも簡単にわかるものです。調査がおわり、探偵業者が発行する報告書は、業者ごとにスタイルは色々です。
それならみなさん同じかというと、裁判や調停といった場で使われるなら、証拠として採用されるには、要点を踏まえた質の高い報告書である必要があります。
アトでどういった形で調査報告書を使いたいかを考慮し、業者を選定しなければなりないでしょう。
初めて探偵社に相談するときは、ちょっと気がひけますよね。個人情報を伝えるのが嫌でしたら、本名などの詳細を伏せての相談に乗ってくれる会社もあるため、上手に活用して、信用のおける業者であることがわかってきたら、本名を伝えて詳しい話を詰めていくこともできるのです。かれこれ十年以上、興信所の探偵として勤めていますが、浮気調査でちゃんとした成果を挙げられるかどうかは、カンやコツのようなものもありますが、習熟も要すると思います。それに、思いがけない展開でも、素早くはたらく知恵が必要なのですが、そのミスを極力ゼロに近づけなければいけないでしょう。なにより、対象人物に浮気調査がバレてしまうことが問題で、発注者の安全と利益を損なわないよう、常に細心の注意を払うことは言うまでもありないでしょう。
許しがたい不倫行為を働いたパートナーへの復讐は、社会人としての信用や、公共の場での立ち位置をおびやかしてやるのが良いのではないでしょうか。だからこそ大事なのが、手堅い証拠なんです。
それさえあれば、気の済むまでむこうを追い詰めることが出来るというものなんです。それでは気が収まらず、浮気相手の勤務先の上司や親族などに密告する人もいるようです。家族関係の悪化や失職するなど、さんざんな末路になるかもしれないでしょうが、自業自得でしょう。困ったことにダンナの浮気は、今度が初めてというわけではないようです。私と結婚する前から、学校の後輩や同僚に、クラブの人や主婦まで、本当に見境がないんです。終わったものまで糾弾する気は既にありないでしょう。
浮気性って言うじゃないですか。
それにしてもどうして直らないんでしょう。
許し立ところで繰り返すでしょうし、いっしょにいる気力というのがなくなってしまって、いいかげん別れるしかないでしょう。
どの業界でもそうですが、探偵でも詐欺かと思うようなでたらめな業者もあるのが現実です。
ネットでクチコミをチェックするなどして、信用度の高い業者を見つけるのが大事です。ところで、不倫調査を依頼しても、短時間で済む場合もあれば、その逆もあります。
曖昧な部分でも上限下限はありますので、料金や所要時間について、よくよく確認した上で契約を交わすといいですね。
興信所に調査して貰い、不倫の証拠を見つけて浮気をやめ指せることに成功しても、再々繰り返すことがあります。
休日や退社後の不審な外出が目たつようになり、メール履歴などでまたあの不倫が始まったのかと相談に訪れる人も少なくないです。
もともと最初の浮気への対応が厳しさに欠けたことも要因なので、二度目や三度目ともなれば更なる厳格な対応が必要なのではないでしょうか。浮気調査を探偵に依頼したものの、アトになって追加料金が生じることもあります。
ただ、普通は契約書に、別料金を含む料金の算定方法が明記されていると思います。
したがって契約書にはよく目を通して理解することは欠かせないのです。
疑問に思ったり心配なことがあれば、契約を交わす前に今一度確認指せて貰うことが大事です。
不倫の行き着く先って色々ありますよね。
パートナーに浮気の事実をつきとめられ、離婚されたり、慰謝料請求や財産分与で金銭的にボロボロになることだってあります。そうかと思えば、離婚後に不倫相手と再婚することだってあります。
落ち着く先は色々ですが、めでたしめでたしと言えるエンディングは、ありないでしょう。浮気を繰り返す人、やめられない人と言うのは、自然と「うつ」になっている人が少なくありないでしょう。
共とおする点といえば、メンタル面での負担が大きいことでしょう。
恋愛の片方が既婚者か、W不倫の場合、不安や(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)を抱きやすくなるのは当然で、その結果、精神面や体の不調として出てきます。また、浮気されたパートナーのほうも不眠やウツなどの症状を抱えやすいです。意外かもしれないでしょうが、不倫の賠償請求(慰謝料)には期限というものがあります。
不倫していた相手が明らかになってから3年、さもなければ実際に不倫があった時点から計算して20年が期限となっています。
ただ、時効間際といっても諦めないでください。
裁判を起こすことで、この時間経過を止めて、時効を事実上なくすことが出来るでしょう。時効になったら元も子もありないでしょうから、その前に訴訟することを検討してみるべきです。いくら探偵であろうと、結果が出ない(出せない)ケースも存在します。
よくあるのは、不倫の証拠集めで調査期間中にその行動が見られなかったケースです。ただ、調査員の調査能力が不足していることにより、成果が得られないことも考えられるので、依頼する探偵社の質や評判をあらかじめチェックしておくことが不可欠です。アトは、依頼者と探偵がお互いによく話して疑問点を解消するのも結果に大聞く影響してくると思います。探偵業を営むにはとくに決まった資格や免許等は不要です。ただし、2007年に施行された探偵業法にのっとって、その業務を始める「前日」以前に、所管の警察署を通じて公安委員会に届け出書を提出し、「探偵業届出証明書」の発行を受けて、許認可を出して貰うことが不可欠です。
営業所ごとにあるため、確認指せて貰うといいですね。興信所と探偵。
何か違いがあるためはと思う人もいるようですが、現代ではその違いは名前だけです。
双方とも探偵の業務をおこなうという点では違いがありないでしょう。
浮気の追跡調査などを依頼する際は、同じものと思っていただいて支障はありないでしょうから、自分が信頼できるところに依頼すれば良いのです。
と言っても、どのあたりの分野を得意とするかは、おのおのの会社で違ってくるので、事前に調べたり質問しておくことが大切です。
本人立ちにとっては遊びのつもりでも、現実に一線を越えてしまった浮気のつぐないは、安くは済まないでしょう。
とはいえ浮気された側がどういう態度に出るかで変わってくるとは思いますが、別居や離婚ということになるばかりか、養育費や慰謝料の支払いが生じたりもします。
不貞行為が明るみに出れば、金銭的賠償だけでなく、社会的制裁さえ被りながら、償っていかなければいけないでしょう。
不倫の理由にしばしば挙げられるのは、単調な結婚生活が嫌だっ立といった、利己的でなければ言えないようなものです。
異性として恋愛対象になるという気持ちの高まりが不倫を美化してしまうところもあるようです。そんなことにならないよう、二人で歩み寄って、おたがい我慢したり苦しいと感じていることは何かを見つめなおすことが大事だと思います。

パートナーがすごく用心深い場合、不倫の証拠を自分で見つけるの

パートナーがすごく用心深い場合、不倫の証拠を自分で見つけるのは無理というものです。でも、浮気の確たる証拠があれば、浮気封じ、離婚、慰謝料と上手に話を進められるので、けして無駄にはならないはずです。
浮気相手がいることが分かったら、ちょっと頑張って探偵を頼んでみて下さい。
ある程度、費用は必要ですが、浮気相手と出かけているときの写真等、裁判にも通用するような証拠を入手できるでしょう。
離婚を前提としているようで不倫調査を頼むのは気が引けるという人もいるはずです。でも物は考えようで、離婚しない人も多いですし、そう深刻に考えることもないのではないでしょうか。離婚裁判にせよ、浮気をやめさせるにせよ、その証拠を握っておいたほうが有利なのは確かです。
興味がなかったり直視する気がなければ、それはそれでいいのかもしれませんが、すっきりと解消したい気持ちがあれば、探偵業者に調査を依頼するのが最もストレスの少ない方法だと思います。
スマホユーザーが増えた昨今ではそれがきっかけで配偶者に浮気がバレてしまったというケースが多くみられます。
スマホが主流となっている今、ラインなどのSNSやメールに不倫の履歴が隠れているというのは当然でしょう。いつも手基においていたり、ロックして見せてくれない時は、スマホの中は浮気のメモリアルだらけと思われます。
警戒心もありますので一筋縄ではいかないでしょう。
配偶者に浮気の疑いがあるのなら、探偵業者にすぐ調査を依頼せず、無料で相談してみると安心で良いでしょう。浮気問題だけでも不信や不安でいっぱいなのに、信頼できるかどうかもわからない会社に浮気調査を依頼するのは、いささか心配でしょう。
リスク(なんとなく、行動することによって危険性があるような気がしますが、実は行動しないことによる危険もあります)や不安は少ないほどいいんですから、無料相談で相手の対応を見るのは役にたつはずです。探偵調査業を始めようと思うなら、とくに決まった資格や免許等は不要です。その代わり、探偵業の適正化のためにつくられたいわゆる「探偵業法」によって、少なくとも探偵業を始める前日までに、営業所の管轄となる警察署経由で、届出書を公安委員会に提出したあと、公安委員会の朱印と届出番号いりの「探偵業届出証明書」の交付をうけ、許可をうけることだけは省略できません。
これがないか見せるのを渋るようなら怪しい業者ということです。興信所や探偵を利用する事由の大半は、パートナーの不貞行為の追跡調査でしょう。不審な行動があるので、とりあえず不倫の有無だけしりたいという依頼から、証拠を押さえて離婚したいといった願望まで、目的に合わせた調査をおこなうので費用の無駄がありません。
とりわけ、不倫相手に慰謝料をもとめる場合は、明確な証拠を得る必要があるので、専門のノウハウがある探偵を頼むのが賢い選択でしょう。
私28歳、夫36歳。
小2と幼稚園のコドモがいます。
ついこのまえ、夫が不倫をしていたことがわかり、両方の家族同士で話し合った末、いよいよ離婚という運びになりました。
まだまだ手のかかる年齢のコドモを、今後は私がひとりで養育していく責任があります。
夫に言いたいことは山ほどありましたが、相談の場を大切にしたかったので、弁護士の方にお願いし、浮気相手への慰謝料の請求と、夫への慰謝料および養育費の請求だけはおこない、公正証書というのを作ってもらいました。
もしパートナーの浮気が発覚した際は、とりあえず対応を考えるために気を鎮めることが大切です。
いまさら夫婦関係をつづけていくことに抵抗があれば、離婚だの慰謝料なども勘案しなければいけません。二人で会う機会を創り、今後のことについて話し合うと良いでしょう。もし浮気されてしまった場合、それがわかった時は、やはり頭に血がのぼってしまうかもしれません。
ただ、気持ちが鎮まったら、その不貞行為へどう対処するかを考えるべきです。
「浮気は甲斐性」だなんてとんでもない。あれは、道義上許されない行為です。
気持ちの上では割り切れないものがあるでしょうかが、精神的苦痛を伴う行為への補償(慰謝料)請求はきっちりおこない、相手に責任をとらせましょう。業界で名の知れた会社が100パーセント素晴らしいとは言いませんが、探偵業界では大手業者に依頼すると間ちがいが少ないです。
規模の小さな会社では、調査も満足に行なわないうちに金銭だけを要求してくるところや費用の説明が不十分なところもあるからです。そのほか、話をしたときの相談員の対応や契約に関する説明の詳しさなどは、依頼する上では参考になるでしょう。
興信所を使うときの代金はまちまちで、ときには極端に高い料金を請求してきたりするところもないわけではありません。
調査の質の高さと価格の高さはイコールかというと、実のところ非常に微妙です。
高額な料金を請求しておきながら、不倫の証拠が得られないなどということにならないために、あらかじめ標準的な費用について調べておくべきです。
探偵社に相談するにしても、見ず知らずの相手に対してはちょっと気がひけますよね。
もし最初から実名で相談することが不安というのであれば、実名を伏せた相談に対応している会社もあるので、まずそのサービスを利用して話を聞いてもらい、手応えが良い感じであれば、そこで自分や対象の個人情報などを明かすという方法もあります。浮気調査といえども見ず知らずの探偵に重要な個人情報を晒すのは気が引けると思うのはよくあることです。
依頼が確定するまでの見積り段階では、おおまかな情報のみでOKという探偵社が最近では増えていますから、あまり心配しなくても良いでしょう。
ただ、しごととして依頼する際はどのような会社でも契約が必要です。
そこで必要な個人情報の開示は了承していただくほかありません。
探偵慣れしている人は少ないでしょうから、もし業者選びに迷ったときには、その通りでいるより、電話したほうが絶対スッキリするはずです。
所在地や取扱案件などの企業情報は、広告で見ることもできますし、ネットが使えればHPを見るほうが詳しいでしょう。
受付専任のスタッフがいて、どの程度の調査でいくら位のコストになるか概算を見積もってくれます。
費用が心配でも、見積りまでは無料という会社も多いので大丈夫です。見積りをもらってから、費用だけでなく内容もそれで良いかよく考えてみましょう。
一人で考えるより、良い解決策が見つかると思いますよ。
武道や運転免許等の資格は、探偵には必須ではありませんが、実際に浮気調査をしっかりとやり遂げるためには、相応の能力や習熟が必要でしょう。
ベテラン社員にも複数回の講習や試験を義務付けている会社もある一方、酷い会社になると実務経験がほとんどないバイトが調査するなんていうのもあるそうですし、気をつけなければなりません。価格に見合った技能を持った探偵が担当すること。
それが、結果につながり、ストレスも最小で済むのです。
一線を超えた途端、お互いのためにならないとはしりつつも、依存してやめられなくなってしまう。
あとになれば虚しさだけが残るのが浮気というものです。
もし、今の家庭環境に不満でも、しっかりケジメをつけずに新しい相手とやり直そうというのは、いくらなんでも都合がよすぎるとは思いませんか。妻か夫のどちらかに原因があるとしても、浮気以外に解決策がなかったなんてことありませんよね。ましてやコドモがいるのならなおさら慎重になるべきです。
我をとおすあまり周囲が見えなくなっているのです。きっと後悔しますよ。
今更なのでぶっちゃけちゃいますが、うちの主人の浮気行為は、一時の気の迷いなんかではなく、まさに芋づる式でした。それも私と結婚する前から、浮気相手の数も二人や三人では済まないというから腹が立ちます。今さらしりたいとも思いませんが、男の人の浮気って限度があると思うんですよ。一時的に反省しても、人生の時間を彼に費やす気力というのがなくなってしまって、別居とかいうのでなく、即離婚でしょうね。不倫調査はどこも似たようなものと思われるかもしれませんが、それにかかる費用は請け負う会社ごとに差があるのはご存知でしょうか。
ひとつの会社にすぐ決めてしまうのではなく、あらかじめ複数の業者で調査費用の見積りを出して貰う方が、料金だけでなく会社の雰囲気も分かって良いと思います。また、調査相手の行動範囲や人間関係といった情報をなるべく詳細に説明しておくと、余計なことに調査時間を費やさずに済み、調査費用として払うお金も少なくて済みます。浮気の素行調査を探偵社に依頼する時は、最低限、相場というものはあらかじめ調べておきたいものです。相談者の困窮につけ入るような不当な高値での請求をしている業者もあるので、身を守るためでもあります。また、安価な価格設定で顧客を誘い、追跡調査時の経費や機器代など、割高な支払いを要求されることもあるので、コストテーブルについては事前に、納得がいくまで確認すると良いでしょう。
義両親が子どもの面倒を見てくれるので、それならとバイトを始めたのですが、週一で店に来るエリアマネージャーさんに告白されて、浮気してしまいました。
コドモが手を離れるまで、どっぷり主婦をやっていた私は用心が足りず、以前と変わったところがあったのか、早くから主人もわかったらしく、相手の奥さまと内密に連絡をとられて、向こうからは慰謝料を請求され、私自身も離婚するということになってしまいました。
興信所や探偵に配偶者の浮気を調べて貰う場合、相応の額が必要です。
探偵の相場ですが、具体的には不倫の行動調査の場合、1週間で30万弱、4、5日なら20万ぐらいを見込んでおくといいと思います。時間と日数、依頼内容によって請求額は変動しますので、どんな調査でも概ね5、60万程度と考えておけば充分だと思います。地元のお友達が、ダンナ浮気してるみたいだよと教えてくれたので、インターネットで調べてみたんですけど、該当ホームページがぞろぞろ出てきたのでびっくりしました。
安いところでいいやと思ったのですが、2社のうち、一番感じが良かった興信所に依頼しました。わかってて依頼したものの、証拠写真は私が見て充分判別がつくほどでしたし、あれには頭の奥がスーッと冷えました。別に不倫の調査なんてする必要がないのではと考える人は多いです。
でも、ふとしたことがきっかけで不倫に発展することがあるので、女っ気のない職場環境だろうと放置していては、あとで泣くことになるかもしれません。
取引先や出入り業者など「たまに来る」女性のほうが浮気はしやすいですから。
挙動が不審で浮気の疑いがあるなら、探偵を使って調査して貰うと、いたずらに心配せずに済み、一人で抱え込んでつらい思いをすることもなくなるのです。
婚姻関係にない不倫の関係であっても、生まれた子の認知請求ができ、一般的にはコドモの母親から父親に対して行なわれます。一度認知させればコドモの養育費などを請求できるため、親子関係では非常に重要な手つづきとなるでしょう。
認知ときいて浮気相手が逃げてしまった場合、認知請求の訴えを家庭裁判所に申したてるという手段もあります。
つまりコドモができてからでは遅く、その前に関係を解消できなければ、長期的に見てすごくの不利益を被る危険性があります。ほんの火あそびのつもりでも、妻にとっては浮気は人生を揺るがす一大切でしょう。
そんな不埒なおこないを野放しにすることはできません。不倫行為の裏付けをとる手段は色々ありますが、やはりスマホや携帯電話ですよね。
ライン、メール、フリーメールなどを駆使して相手と連絡をとっている可能性は高いでしょう。
探偵業者に欠かせない技量というのは、会社の規模によるところも大きいです。全国各地を営業エリアとしているところは、調査手法や機材について新しい情報を多く保有していて、その点ではけして他社に劣らないというメリットがあります。
また、大規模な業者では探偵や内勤職員の育成に時間と費用を充分にかけていて、当然ながら調査面にも表れてくると思います。
探偵社に任されるしごとというと、その大半は素行(不倫)調査ではないでしょうか。
とりあえず、調査員がどのように浮気調査を行っているのかを取り上げてみました。
一番多い手法としては、依頼人から提供された対象情報を参考に追跡します。
いわゆる「尾行」です。
対象に気づかれては元も子もないので、不倫の可能性が高そうな日(時間)を狙って証拠を入手します。
探偵が対象に接触するのは法律で禁じられているため写真撮影が主です。このごろは技術が進み、浮気しているかもしれない人の居場所をGPSですごくの精度で見つけることが可能になってきました。
GPS機能つきのスマホを使用させることにより、今いる場所がわかるのです。
マナー的にはともかく、法律に触れることもないため、探偵等を使わず自分だけで不倫の有無を調べたいときには、これを使ってみるのも手ですね。探偵業者と一口に言っても、中には悪質でいい加減なところもないわけではないので、評判をよく調べ、信用できそうな会社を選ぶことが大切です。たとえば、浮気の追跡といった調査ひとつとっても、短時間で済む場合もあれば、その逆もあります。
まともな業者なら目安となる期間やコストテーブルがありますので、わかるまでよく説明してもらった上で契約するというふうに、一定の段取りはとるべきです。
以前はどうあれ探偵事務所と興信所のしごとは変わりがありません。
離婚請求の理由として向こうの不倫をあげるのであれば、確実に浮気した(している)証明というのがなければ立証できず、不満足な結果に終わってしまいます。
しかし一般人がプロ並みの証拠をゲットするのは困難ですし、その道の専門家に頼んだほうがストレスや時間を最小限に抑えて離婚できるでしょう。
それに、慰謝料請求ときにも重宝するはずです。