興信所に不倫調査等を頼む際は、だいたいの相場というものを調べておかないと、見

興信所に不倫調査等を頼む際は、だいたいの相場というものを調べておかないと、見積書を見てビックリなんていうこともあるでしょう。
時間あたり1万円程度を見積もっておくと確実です。
一般的に言えば「高い」と感じますよね。
たとえば追跡調査の時間数や日数を増やしたりすると、支払い額に確実に影響してきますから、自分が払ってもよい上限値というのを定めておくといいでしょう。
探偵を頼んで調査してもらう際は、前もって企業情報や利用者の評価などを調べることが不可欠だと思います。評価が芳しくない探偵では、請求される料金の明細が不明瞭だったり、手抜き調査や報告書作成間違いなども見られます。
利用者評価の高い探偵業者であれば、詐欺まがいの請求に悩まされるという不安もありないでしょうし、不倫調査のような秘匿性の高い仕事も安心して頼めるでしょう。
探偵と興信所はどう違うのかと質問されることがありますが、違いといえば名前だけだと言えます。どっちも探偵業務と報告を行うことは違いがありないでしょう。もし依頼するのが浮気調査などであれば、同じと考えて問題はありないでしょうから、自分が信頼できるところに依頼すれば良いのです。
と言っても、どのあたりの分野を得意とするかは、会社によってそれぞれ微妙に異なるため、そのあたりはおさえてから契約したいものです。探偵業者の電話にかかってくる相談の過半数は、身内の方による浮気調査です。とりあえず、調査員がどのように浮気調査を行っているのかを具体的に説明しますね。普通の調査では、依頼者から得た情報を基に対象の追跡を行ないます。
何日も調査しても経費がかさむだけですから、ここぞという日時に限定して追跡し、不貞行為の証拠を入手します。
浮気調査で探偵社を使うときは、調査対象の行動範囲や時間的パターンなど詳しい情報を伝えるほうが料金請求時に安く済むでしょう。
探偵に丸投げするのは簡単ですが、肝心の証拠を掴むまでにムダな時間を要するのです。生活をともにしていればわかることだって少なくないでしょうし、記録やリサーチにいそしむと良い結果が出やすいでしょう。探偵に浮気調査をやらせる場合、個人情報を伝えることなしにしてもらうことは不可能ですから、誠実な会社に頼むべきです。安いからと、アルバイト調査員がいるような会社に依頼したら、バイト気分とバイトレベルの調査能力のせいで満足のいく結果が出なかったり、金銭トラブルを招く恐れがあります。
あとになってガッカリすることがないように、利用者のクチコミ等をチェックして信頼できる会社を選ぶようにしましょう。
男性は外に出るせいか、浮気するものと思われているフシがあります。
しかし、浮気は男ばかりじゃないはずです。
女性だっておこちゃまの送り迎えやスポーツジム、パート先など、人と会う機会は多く、既婚者同士の方が悩みを分かりあえるということもあるようで、夫やおこちゃまがいても、浮気する人はするんです。
ドラマ等にも後押しされて女性の浮気も増えてきていて、配偶者の不倫で探偵社に相談する男性が多くなっているそうです。
興信所の仕事と聞いて、大抵の人が尾行を連想するのではないでしょうか。
ターげっと〜となる人物に絶対に気取られないよう追跡しながら、依頼人の求める証拠を見つける調査です。
悟られることがまずないとはいえ、調査員は対象の動きを想定しておかねばなりないでしょう。
相手の不定型の行動に迅速に対処するのが当然なのですから、ラクな仕事ではありないでしょう。個人情報保護という考え方が浸透してきたせいか、いくら浮気の調査でも、対象に内密に尾行や張り込みなどの調査を行ない、そこで得た証拠や情報を発注者に情報提供する探偵の仕事というのは違法なのではないかと心配に思う人も多いそうです。
ご心配なく。探偵業法を遵守していれば違法ではありないでしょう。
探偵業法が2007年に施行される以前は、興信所や探偵といった調査業者への明瞭な規制がなく、業者の違法行為によるトラブル発生抑止のため策定され、現在に至ります。懐かしい同窓会やサークルのOB会などの出会いは、既婚者同士の恋愛に発展することが本当に多いです。なぜか憧れていた異性と打ち解けて話せたり、学生時代(どうしても現在よりも過去の方がいいという人が多いのは、きっと記憶を美化しているのでしょう)のノリで性別の垣根が取り払われるのでその時の出会いは普段より運命的に感じられるのだとか。同窓会出席を契機に、挙動が怪しいと感じるようなら、ひょっとすると、浮気しているかもしれないでしょうよ。
尾行で探偵必携の道具というと、以前は発信機でしたが、現在はより高い精度のGPSを使うところが多く、旧型の発信機と比べると明らかにターげっと〜を見失う危険性が減りました。最新のGPSは正確性で検索速度も高いため、電波の届きにくいガレージや立体駐車場、地下等でない限り、対象の位置の掌握は難しいことではありないでしょう。外装が目立たないGPSもあるので、一度取り付けてしまえば調査の精度はさらにあがります。調査レポートとか調査報告書といわれるものは、特にフォームに決まりはありないでしょう。
もし裁判等で使う際は、やはり証拠として認められるよう、良質な情報を備えた報告書でなければ価値がない所以です。
あとでどういった形で調査報告書を使いたいかを考慮し、目的に合った事業者を選定する必要があるでしょう。
探偵調査を依頼されても、証拠を用意できないことがあります。たとえば、パートナーの不倫の追尾調査で相手にその事実がなかった場合などです。
とはいっても、探偵の調査が浅かっ立ために証拠をあげられないというケースもない所以ではなく、仕事を発注する探偵社のクチコミ等を先に調べておくことで回避出来るはずです。あとは、依頼者と探偵がお互いによく話して疑問点を解消するのも結果に大聴く影響してくると思います。
パートナーの不倫の調査を興信所に依頼したあと、むこうが気付くのではないかと不安になるかもしれないでしょう。
ただ、調査員の技能や使用している機材等を考慮すると、調査対象にばれるようなことは、まずありないでしょう。
でも、「探偵を雇った」という事実で依頼者の態度が普段と変わってしまい、気付かれてしまったという事例もあります。探偵の報告書を受け取るまでは、いつ持と同じように生活するようにしましょう。興信所、探偵社というものの中にはとんでもないインチキな会社も存在するので、評判をよく調べ、信用でき沿うな会社を選ぶことが大切です。
たとえば、浮気の追跡といった調査ひとつまあまあ、短時間で済む場合もあれば、その逆もあります。
曖昧な部分でも上限下限はありますから、料金や所要時間について、よくよく確認した上で契約するようにしましょう。
もし配偶者が浮気していた場合、当事者双方に慰謝料の請求を行うことが出来るはずです。
もっとも、自分立ちだけで話しあおうとすると、それぞれに冷静さを欠いていることもあり、なかなか話がつかないことが多いです。
時には裁判を起こさなければいけないケースもあるので、難し沿うだと思ったら弁護士に間に入って貰い、トラブルにならないよう交渉してもらうとよいでしょう。特に不倫調査なんて要らないと考える人は多いです。
けれども不倫というのは家庭の根幹を揺るがす問題で、出会いがない現場だろうと無関心でいてはいけないでしょう。出会いが少ないところほど、たまに来る女性が華やかに美しく見えるのです。もし疑いをもつようなことがあれば、探偵を使って調査してもらうと、正体のわからない不安に苛まれることもなく、気持ちの上でも安らかになるはずです。
探偵を雇って配偶者の浮気調査をしてもらうには、ある程度まとまった資金を要します。だいたいの費用ですが、一例をあげれば、浮気の素行調査などで1日4万円位、それに日数を乗じた金額を見込んでおくといいと思います。時間(日数)や調査の内容によって料金は増減がありますから、なにを依頼するにしても50万から60万円くらいは見ておけば充分だと思います。
浮気調査といえども見ず知らずの探偵に個人情報をできるかぎり知られたくないという人も少なくないでしょう。
初回相談(見積り)までは詳細な個人情報は不要という会社も現在では増えています。
それでも最終的に調査を依頼するときには具体的な契約を交わす所以ですから、必要な個人情報の記入は不可避です。小説やドラマなどで無償で活躍する探偵もいますが、現実では代金を支払った上で仕事を依頼することになります。持ちろん、依頼はオーダーメイドですから、調査ごとに見積り額も変わってくるでしょう。
もっとも依頼の多い追跡調査ですら、短時間で済む場合もあれば、その逆もあり得ます。日時をどのように区切って依頼するかによって費用は変わりますが、調査を行う時間が長ければ、お金がかかると思ったほうが良いでしょう。
どの業界でも変わらないことですが、探偵業界の競争も激化しており、大幅値引きな価格を提示したり、なんでも時給換算で明朗会計なんていう業者も増えているそうです。
しかし、均一でも料金に含まれない場合は別途追加というケースもあって、必ずしも格安であるとは限らないため、契約する前に、納得できるまで説明を聞き、最終的に割高だった!なんて結果を招かないようにしましょう。質問への答え方で会社の信頼度もわかると思いますよ。
探偵を頼んで調査してもらうときは、現金がなければ不可能かというと、沿うでもないです。
比較的大規模な探偵社の場合はクレジットカードでの支払いに対応しています。
クレカの利用明細の表記で探偵だと分からないようにしている会社も多いので、カードの使用明細によって探偵を頼んだことが知られることもありないでしょう。
支払いにクレジットカードを使えるところは、信販会社の審査に通っている所以ですし、良い業者の目安ということにもなります。
パートナーの不倫が元で別れる際の条件で揉めに揉めてしまい、離婚調停が必要になるケースもあります。裁判所から任命された調停委員が加わったうえで公正な立場で解決へむけて話し合う所以ですから、夫婦やその関係者だけで話し合うよりソフトな雰囲気の中で話が進行するという良さがあります。
あまり怖がる必要はないでしょう。私ではなく職場の同僚の話です。奥さんが浮気していて、男の方を相手どって裁判を起こしたいと思っているみたいです。
気持ちは分かりますが裁判となるとお金がかかるものですよね。
浮気の歴然とした証拠というのを見せてやって、浮気の慰謝料を要求した上、交際も接触も一切禁止にするのも手なのではと言ったのです。まずは冷静になることですよね。
浮気の素行調査を探偵社に依頼する時は、最低限、相場というものは知っておくべきでしょう。
割高な請求を顧客の悩みに便乗して行うところもあるからです。
それから、相場より明らかに安価な料金を謳いながら、あとになって必要経費といって、追加料金で底上げした高額な請求をつきつけられることもありますから、依頼する前にオプションを含む料金体系を、納得がいくまで確認すると良いでしょう。探偵業者に調査を頼んで証拠を得て、ようやく不倫にストップをかけるまでいったのに、なぜか再々繰り返す場合があります。
休日や退社後の不審な外出が目たつようになり、携帯電話を肌身離さず持つようになったりで、浮気が再燃したことがわかる所以です。
その前の浮気に対する処罰が厳しさに欠けたことも要因なので、二度目や三度目ともなれば更なる厳格な対応も考えなければなりないでしょう。
たとえ浮気といっても不貞行為ではありますから、相手の配偶者が慰謝料の請求を内容証明郵便で送ってくる可能性はあります。
ひとくちに慰謝料といっても、相手側の離婚の有無で大きな違いがあります。
その時点で離婚していないのに非常に多くの慰謝料の請求があったら、一旦話を収めて貰い、まずは弁護士事務所に相談するようにしましょう。
探偵社の調査代金の精算方法についてですが、名のしれた大手探偵社等ではローンを利用した分割払いやクレジットカードが可能という会社もあるそうです。
すぐにでも浮気調査をしてほしいのに費用面が心配というときは、沿うした会社に依頼すると機会を逃さなくて良いですね。どちらに理由があるのかはケースバイケースのそうですが、探偵による浮気調査で、請求額でもめるケースがない所以ではありないでしょう。
当初の見積りのほか、「別料金」「経費」が加算されたり、途中で契約解除を申し入れると、違約金を請求されることもあるのです。
契約書にサインする前にチェックは入念にするのが必要だと思います。
そのときの説明で納得がいかなければ、ほかのところを探せばよいのです。最近は興信所も探偵も、取り扱い業務はほぼ同一です。
離婚請求の理由として向こうの不倫をあげるのであれば、あきらかに配偶者が不倫したという証拠が不可欠です。
自分で証拠を得ようにも相手にバレたらおしまいですし、やはり興信所や探偵社などを使うほうが、結局のところ一番ラクに確実に離婚できるのではないでしょうか。
それに、慰謝料請求時にも役立ってくれることでしょう。

配偶者の不倫行為により、これから離婚裁判や慰謝料の請求などを行う

配偶者の不倫行為により、これから離婚裁判や慰謝料の請求などを行う際は、不倫行為を証明する物証がモノを言うでしょう。
一例を挙げると、体の関係があるのだと客観的に分かるメールに、不倫相手とラブホテルに出入りしたときの写真や動画、変わった例では不倫相手と交わした誓約書などがあります。近頃ではスマホの普及でメールだけでなく、ライントークやSNSのやりとりを証拠採用する事が増えました。お互い結婚している者同士の場合、不倫を辞める契機になるのは、配偶者との間におこちゃまが欲しくなった(相手が要望した)ことが意外に多いです。自分とのことを考えてくれている人に対し、申しワケないという気もちが生じたり、W不倫の現実に嫌悪感を感じたり、うっとうしく思ったりもするようです。
それから、転居、転勤、家族の入院などで距離と時間の都合がつきにくくなったとき、以前からの罪悪感もあって、精算したいという気もちになるようです。
たとえ大手だからといって最高だとかは言えませんけれども、探偵業界では大手業者に依頼すると間ちがいが少ないです。会社規模が小さなところでは、きちんとした探偵業務も行わずに見積りと全然ちがう料金を請求してきたり、調査料金の詳細についての説明を拒むところもあるようです。
また、営業所の相談員の態度なども良い検討材料になるでしょうね。
探偵と興信所はどうちがうのかと質問されることがありますが、ちがいといえばその名称のみと考えていいでしょう。
双方とも探偵の業務を行うという点では変わりませんし、公安委員会への申請義務がある点も同じです。
ですから、不倫の調査をしてもらう分には、区別して考えることはないということです。ただ、ある程度、得意不得手なども事業者ごとに特長があるため、契約前に把握しておきたいものです。今更なのでぶっちゃけちゃいますが、うちの主人の浮気行為は、ほとんど病気なみに身についたもののようです。
私と結婚する前から、浮気相手の数も二人や三人では済まないというから腹が立ちます。そこまでいちいち確かめていてもしょうがないのですが、男の人の浮気って限度があると思うんですよ。
一度ならず繰り返す彼を許して生活をやりなおす意味がありませんし、いいかげん別れるしかないでしょう。
自分にとって良い探偵社を見つけようと思ったら、相手の勤め先や自宅と同地域に営業所がある探偵に依頼するようにしましょう。
土地勘がある調査員がいるほうが調査を進めやすく、高精度な報告ができるでしょう。
また、依頼する案件によって得意なこととそうでないこととがありますし、まず、ネットで情報を集めて、ウェブ経由かそこに書かれている電話番号などに直接確認してみると良いですよ。よくあるサービス業の対価にくらべると、浮気調査に探偵を雇うときの費用というものは、高いように思う人が多いようです。割安だからと安易に業者を頼んだものの、不倫の決定的証拠が得られなかったら、損失は金銭的なものに留まらないですよね。
大切なのは調査の能力の高さですが、高値設定のところほど、相応の調査能力があるかというと、実に悩ましいところです。公務員の夫は29歳。
私も29歳。
7歳の男の子と5歳の娘がいます。
ついこのまえ、夫が不倫をしていたことがわかり、夫婦双方の親同席で相談し、離婚する事になりました。まだまだ手のかかる年齢のおこちゃまを、今後は私がひとりで養っていかなければなりません。
感情的にはもやもやが残りますが、弁護士の方にお願いし、不倫の当事者立ちに慰謝料と養育費の請求をおこない、公正証書というのを作ってもらいました。不倫に対して慰謝料を請求する際は時効が存在するのをご存知でしょうか。浮気の相手が判明してから3年、あるいは不倫行為そのものがあってから20年が期限となっているのです。
もし時効まで時間がないときには裁判に訴えることで、この時間経過を止めて、時効を事実上なくすことができます。
不倫という行為を時効で「逃げ得」にしてはなりません。
時間がなければ訴訟する手を使うほウガイいでしょう。
当人立ちからすればリフレッシュやおあそびでも、された側にとっては不倫は人生観さえ変えかねない大問題です。そんな不埒なおこないを好き放題にやらせておく理由はないはずです。
不倫の証拠収集というとやはり一番にあげられるのは携帯(スマホ)ですね。用心してフリーメールを使っていたり、ライントークで相手と連絡をとっている可能性は高いでしょう。
探偵社には個人情報を伝えなければ、浮気調査を依頼する事はできないので、信頼性の高い会社でなければなりません。
オトクを重視して調査員がアルバイト(最近では、ネットを使って雇用先を探す人も増えてきましたね)なんてところに当たったら、調査能力やプロとしてのリテラシーの低さのあまり、満足のいく結果が出なかったり、金銭トラブルになる危険性もあります。そんな状態を避けるために、契約する前にネットの評判などを調べてみて、変な業者はふるい落としておくことが大切です。浮気調査などで探偵社に依頼する前にだいたいの相場に関する知識が不足していると、見積書を見てビックリなんていうこともあるでしょう。時間あたり1万円程度を予想していると間ちがいありません。期間(時間数)が増えたりすれば費用負担は増えるだけですから、自分が払ってもよい上限値というのを定めておくといいでしょう。
探偵社の調査員が尾行に利用するものとして、過去には無線発信機というものをよく使いましたが、現在はより高い精度のGPSを使うところが多く、旧発信機の時代にくらべるとターゲットを見失う危険性が減りました。最新のGPSは正確性で検索速度も高いため、電波の届きにくいガレージや立体駐車場、地下等でない限り、追尾対象の場所の把握は簡単にできるようになっているのです。
GPS を取り付けることができれば時間の無駄を最小限に、追跡調査ができます。
最近不審な電話があるので夫の浮気が気になり、探偵を頼もうとウェブで調べたところ、該当サイトがぞろぞろ出てきたのでびっくりしました。
問い合わせは複数の会社におこない、一番感じが良かった探偵さんに調査を依頼しました。
わかってて依頼したものの、証拠写真は私が見て充分判別がつくほどでしたし、あれには頭の奥がスーッと冷え(最近では低体温の人が増えているといわれています。
人間の平熱は本来36.5℃で、これは酵素が最も活発に働く温度でもあります)ました。クラス会やOB会では不倫に走るきっかけになることも大いにありえます。
好きだった人が素敵な大人になって現れたり、元クラスメイトということで性別の垣根が取り払われるので居心地の良さや癒しを感じる人が多いそうです。そういった再会を機にパートナーの挙動に不審を感じたら、不倫か、その一歩手前にいるのかも知れません。
不倫というのは一生続けられるものではありません。
浮気が露見した結果、家庭や交遊関係が滅茶苦茶になったとか、慰謝料や養育費の支払いで再婚もままならない場合もあるわけです。倫理面はさておき不倫の当事者同士で再婚するパターンもあります。やっとの思いでゴタゴタを片付けても、めでたしめでたしと言えるエンディングは、ありません。
パートナーの不倫を疑って探偵業者に調査を依頼する際は、相応の支出は覚悟しておきましょう。平均的な調査料金ですが、不倫の調査などで1日4万円位、それに日数を乗じた金額はかかるとみておけば間ちがいありません。
時間と日数、依頼内容によって請求額は変動しますので、どんな調査でも50万強で予算どりしておくと不足はないと思います。
僕の会社の後輩なんですが、ここ半年ほど奥さんが男と密会しているのがわかったので、裁判でその男を訴えたいと言うのです。気もちは分かりますが裁判となると相応の費用もかかるでしょうし、ちゃんと浮気の証拠を押さえて相手には慰謝料を要求し、今後の接触を禁じるのも一計ではないかと言っておきました。
婚姻中に不貞行為があっ立ために当事者同士ではどうにも離婚の折り合いがつかず、ついに家庭裁判所のお世話になるケースもあります。
とはいえ、調停の場では調停委員という人立ちがついて裁判所内で協議が行われるため、当事者のみではもつれがちなことでも、円滑で現実的な話し合いになるため、精神的な疲労もそれだけ軽減されます。普段どおりのあなたのままで大丈夫です。興信所や探偵社で行う浮気調査には、浮気の裏付けがとれたら支払うという出来高制の契約もあります。
証拠がなければ調査料金の請求もなくて、なんだかとても「得」に見えますよね。
ただ、調査相手が不倫しているかどうかがハッキリしない場合や、調査時間数が通常より多くなりそうな気配だと、受け付けて貰えないこともあるそうです。
当然ながら証拠をゲットする確率も高く、そのときに高額な請求が来ることがあります。
「証拠がとれるまで」を「時間無制限」とすると、費用もかさむわけです。そうしょっちゅうあることではありませんが、浮気調査で探偵を利用した際、金銭面で揉めたパターンもあります。
事前に説明があった料金以外に高額なオプションが付加されたり、あわてて契約の解除をしようにも、依頼者都合によるキャンセル代がかかることがあるのです。
トラブル防止のために、正式に依頼する前に確認するのが必要だと思います。
向こうの態度や料金説明に不審な点があったときは、ほかのところを探せばよいのです。浮気していることがわかっていても、ガードが堅い場合、自分の手で浮気の裏付けを取るということは現実的ではありません。
とはいっても、証拠を掴んでいれば離婚に知ろ慰謝料請求に知ろ、話を有利に進める材料になるでしょう。
浮気相手がいることが分かったら、裏付けをとるよう探偵社に依頼すると良いのです。お金はかかるものの、二人でともに写っている写真や動画といった、あきらかな証拠が得られるでしょう。きっぱりと不倫関係を解消指せるには、浮気の証拠をしっかり掴んで、片方、ないし両方に慰謝料を求めるのが、よく効くようです。
浮気している当人立ちはゲームのつもりだったり、さほど罪悪感を感じていないというのが現実だったりします。
慰謝料を求めることにより、彼らがやったことの反省を促すわけです。
あまり評判の良くない探偵業者にひっかかってしまうと、きちんとした調査結果が得られずお金だけむ知りとられることにもなりかねないので気をつけて下さい。
事務所に相談に行った際、精神的に負担になることを言って契約をとろうという会社は危ないと思ってよいでしょう。断ったり、返事を保留にして帰ったあとで、何度も電話をかけて契約を執拗に迫るのは悪質な業者の常套手段といえるでしょう。誠実な探偵業者はそんなことはしないはずです。
興信所や探偵社などを経営する際は、特殊な免許資格は不要です。
ただし、2007年に施行された探偵業法にのっとって、探偵の業務を開始する「前日」までに警察署に行き、公安委員会に届け出と誓約書を提出し、「探偵業届出証明書」を交付してもらい、許認可を出してもらう必要はありますから、業者選びの目安にはなるでしょう。
営業所ごとにあるので、確認指せてもらうと良いですよ。昔の探偵業界では、安値イコール悪かろうの認識がありました。
顧客は一見さんが多く、手抜きはバレないだろうと思われていたからです。とはいえ現在は、ウェブを見れば調査内容の信頼度や請求などについても利用者の口コミなどを見ればわかると思います。安値ばかりに拘れば品質が落ちてしまいがちですが、料金が高いばかりで凡庸なクオリティといった業者に浮気調査を依頼してもバカを見るだけですから、実力と料金のつり合いがとれた会社を調べて依頼するのが一番です。
この頃はついうっかりスマホを放置して、不倫が露見するといったケースも増えてきました。
パソコンのメールや携帯電話の着歴に替り、現在はスマホのラインなどのSNSやメールに浮気の証拠が残っていると考えるのが妥当でしょう。ロックをかけていたり、入浴時や寝るときにも隠しておいているようなら、浮気の可能性はほとんどクロに近いグレーと思っていいでしょう。調査レポートとか調査報告書と呼ばれるものは、公的な書類のように書式やけい載事項が決められているものではありません。
それなら皆様同じかというと、裁判や調停といった場で使う際は、どんなものでも証拠採用されるとは限りませんから、信頼できるデータに基づいた調査報告書である事が大前提となるでしょう。
のちのち、報告書をどのように利用するのかよく考え、目的に合った事業者を選定するのをお勧めします。
最近は興信所も探偵も、取りあつかい業務はちがいがないですし、名前のみと考えていただいて良いですよ。
離婚の請求事由として浮気をあげる場合は、確実に浮気した(している)証明というのが不可欠です。
裏付け取りに素人が手を出して、相手に警戒されてはまずいですし、やはり興信所や探偵社などを使うほうが、離婚時の精神的な負担や時間を軽減してくれます。
それに、慰謝料請求時にも重宝するはずです。
浮気の定義は、人それぞれというほかないでしょう。
一例としては、自分以外の異性を誉めたり、手をつないだり腰に腕を回すなどの接触を浮気と感じる人もいます。
法的には配偶者以外との性的な交渉があれば、それだけで「不貞」となるでしょう。
まあ、一般的には、いかにも浮気ととられかねない行動はするべきではないです。