探偵業務はオーダーメイド的な要素も強いせいか、星の数ほどもある業者の中には、

探偵業務はオーダーメイド的な要素も強いせいか、星の数ほどもある業者の中には、大層な費用を請求してくる場合もあるみたいです。しかし、高い料金に見合ったハイレベルの調査が行なわれているのかは、一概に釣り合っているとは言えません。けして安くはない代金を支払った挙句、肝心の浮気の証拠が掴めないなんてことにならないよう、費用の相場を、契約を交わす前におさらいしておくべきですね。浮気と不倫。
ちがいがあるのをご存知ですか。浮気と違って不倫は、「配偶者がいる」のにもか替らず、肉体的な交渉がある場合を指します。
不倫であればパートナーとその交際相手に慰謝料を求めることができます。
先回りして探偵に依頼して不貞行為の証拠を押さえ、多額の賠償を請求することによって懲らしめを与え、浮気相手との繋がりを確実に断つという手もあります。当事者としては悪気はなくても、自らがした不倫の償いは、高くて当然です。
まず、不倫で取りのこされた配偶者がどのような対処をとるかで変わってくるとは思いますが、単純に離婚されるだけではなく、養育費や慰謝料の支払いが生じたりもします。不倫なんていうものは、露見してしまえば一般的な幸福や信用、金銭など多くのものを犠牲にして今後の生活を送ることになります。
探偵にパートナーの浮気調査依頼した際、むこうが気付くのではないかと不安になるかもしれません。調査員はプロですし、年齢も様々で交代要員もいますから、調査対象にばれるようなことは、極めて少ないといっていいでしょう。また、これは大切なことなのですが、浮気調査を依頼したアト、依頼人の「態度」に変化が表れたりすると、むこうが不審に思って用心した結果、調査がしにくくなるということならあります。
報告書を入手するまでの辛抱だと思い、何事もないような様子で過ごすことが重要です。
困ったことにダンナの浮気は、一時の気の迷いなんかではなく、まさに芋づる式でした。それも入籍する前から何度も不倫していて、同時に二股三股もかけられたかと思うと生理的な嫌悪感をおぼえます。くやしいですが、しる気力も起きないのが現実です。
浮気は男の甲斐性ですか。それって本能なんでしょうか。
まさか、ですよね。
許したところで繰り返すでしょうし、一緒にいる意味がわからなくなったので、いいかげん別れるしかないでしょう。もし配偶者が浮気していた場合、正当な権利として、慰謝料の請求をするべきです。
しかし利害がかけ離れた人間同士で話し合いをもつと、あなたの立場を主張することに躍起になって、横道にずれたり頓挫することも多いです。
裁判で決着をつけなければならない可能性もあるので、弁護士を頼んで問題のスムーズな進展を目指していくとよいでしょう。パートナーの不倫を疑って探偵業者に調査を依頼する際は、ある程度まとまった資金を要します。平均的な調査料金ですが、浮気調査を例にとると、20万前後(期間5日)をみておくと良いですね。請求は調査内容や調査期間で変動するものの、どのような調査を依頼する際でも50万から60万円くらいは見ておくと不足はないと思います。
私がどうやって浮気者の嘘を見抜いているかお教えしましょう。
簡単です。
真正面からスパッと訊いてみましょう。大抵の人間はウソをつくとき、妙にてきぱきと答えたがるので、そこを見ます。
だから質問は簡単なほうが良いのです。
また、簡単な返事で済むところを、ズラズラと話しすぎるのも怪しいです。後ろめたいことを隠しているときは、黙って様子を見られるのが怖いあまり、よく喋るみたいです。目を合わせて話をしていると、やたらと目線を泳がすのでも分かります。探偵社の調査代金の支払方法ですが、全国展開しているような大手だとクレジットカード払いやローンでの分割払いOKという業者もあります。
すぐ不倫の調査を依頼したいのに、支払いでためらっているのであれば、このような精算方法に対応している業者に依頼するといいのではないでしょうか。
どの探偵社に依頼したら良いか取っ掛かりが掴めない人は多いと思います。
調査相手には行動範囲があるわけですから、対象地域に営業所があるかどうかインターネットで調べてみれば一目瞭然です。
いくつか選んだところで電話で相談員に依頼したい旨を伝えてみましょう。相手は専門家ですが、話をしてみないと、安心して任せられる業者かも判断しようもないです。
電話から最初の一歩を踏み出しましょう。
非嫡出子でも認知を求めることができるのをご存知でしょうか。戸籍に名前が記載されるだけでなく、子の養育費の支払いにも関わるため、親子関係では非常に重要な手つづきとなります。
すでに別れていたり、認知するしないで揉めた場合には、訴訟を起こされることもあり、浮気の事実があるのなら否認は困難です。おこちゃまができないうちになんとか不倫をやめさせないと、長い将来にわたって多大な支出が生じる可能性があります。
勤務先で不倫カップルの存在が判明したとしても、あくまでも個人的な事象ということで、セクハラのようにクビにするとできないのが現実です。とはいえ、就業規則上の、職場の風紀秩序を壊乱したか、その惧れがあるという部分をもってすれば懲戒も可能ですが、実際の例を見る限りでは、上司からの訓告程度で、処罰といえるようなものはなしで曖昧に済まされることが多いです。
ダブル不倫の場合、交際解消の一因となるのは、パートナーとの間におこちゃまができたり、あるいは欲しがられたからというのが実に多いのです。裏切っていることに対してあらためて自責の念を感じ、将来が見えない浮気という繋がりに愛想がつきると言うこともあるみたいです。
それに、職場が変わったり自宅が転居したときも今までと勝手がちがうため、今までの罪の意識も手伝って、関係解消へと動いてしまうのです。夫の浮気って、妻なら日常に気をつけることで防げると思うんです。
たとえば、自分にとって大切な人のことを、けして否定しないことです。
願望があっても妻のわがまま程度にとどめ、これを言ったら本当にケンカになるなと思ったことは、グッと我慢しますし、収入や家計の責任を相手だけに押し付ける発言をしないことです。
男の人のプライドを大切にして、身仕舞いに気をつけ、女性らしい立ち居振る舞いを忘れないでいると、心が離れることもなく、浮気もないと思うのです。
私の母もこういうタイプでしたから、親譲りですね。どちらに理由があるのかはケースバイケースのようですが、探偵による浮気調査で、支払いでひと悶着あったという人もいるみたいいです。当初の見積りのほか、尾行の際の諸経費や別途加算代金などが組み込まれ、契約を破棄しようものなら、多額のキャンセル料が必要になることがあるからです。
アトで後悔しないためにも、契約前にきちんとチェックするのが必要でしょう。料金体系や説明の仕方などでひっかかることがあるのなら、新しく業者を見つければいいのです。
もし配偶者の浮気を見つけてしまっても、騒ぎ立てず、とりあえず対応を考えるために心を落ち着けるのが先決です。どうしても不倫の事実をうけ止めがたければ、離婚と慰謝料といった問題も出てきます。二人で会う機会を創り、今後のことについて話をしておきましょう。
探偵業者を使って浮気調査をするなら、平均的な料金は調べておいたほうが良いです。
個人情報をもとに違法な請求をふっかけてくる事業者もあるからです。それに、一律料金や割安料金で安心感を与え、規定外作業や割増時給だの、追加料金で底上げした高額な請求をつきつけられることもありますから、コストテーブルについては事前に、しっかり確認させてもらうようにして下さい。探偵業者と一口に言っても、中には悪質でいい加減なところもあるのが現実です。インターネットでクチコミをチェックするなどして、堅実な会社に依頼すべきです。
一般的な浮気調査であろうと、しっかりした証拠を得るには時間がかかることもあります。
どのような調査でどれくらい時間と料金がかかるのか、納得いくまで説明を聞いてから依頼するようにして下さい。興信所が作成する調査報告書は、記載事項はだいだい同じでも形式が定められているわけではありません。
それならみんな同じかというと、裁判や調停といった場で使う際は、やはり証拠として認められるよう、信頼できて高品質な調査報告書でなければ価値がないわけです。のちのち、報告書をどのように利用するのかよく考え、目的に合った事業者を選定しておけば安心です。現実的な話、探偵に任される調査の大概は不倫(の疑い)の素行調査です。
不審な行動があるので、自分以外に相手がいるのかどうか知りたいというものから、裁判で有利になる証拠が欲しいという依頼まで、目的に合わせた調査を行なうので費用の無駄がありません。
とりわけ、不倫相手に慰謝料を求める場合は、証拠が明りょうである事が重要ですし、専門のノウハウがある探偵を頼むのがお勧めです。
浮気を繰り返す人、やめられない人と、ウツが多いですね。理由は、精神的な緊張や負荷でしょう。交際相手が既婚者だと、それが片方でも両方でも、不倫の罪悪感や将来性のないことからくる無力感や悲壮感などを感じることが多く、メンタルや体調に大きな影響を与えるのです。
浮気している方がそれだと、当然、のこされたパートナーだってウツになりやすいと言えるでしょう。何となく不倫の気配を感じたら、その裏付けをとる必要があるのです。
浮気の証拠としてもっとも有効性が高いのは、写真や動画など、第三者が見て浮気だと判断がつくものです。
不倫現場を、何のノウハウもない一般人が適確におさえたり、離婚裁判で採用されるような証拠を入手することは不用意なトラブルに発展しかねませんので、探偵業者に依頼することも検討すべきです。
探偵社で浮気調査をしてもらった際、アトからオプション料金が発生することがあります。その時は、まず契約書を確認しましょう。そこには追加料金について明記されていると思います。
したがって契約書にはよく目を通して理解しなければいけません。
もし不明な点があるのなら、契約書にサインする前にしっかり確認するのもおろそかにしてはなりません。
普通の生活では興信所や探偵を使う機会はないものです。
不倫調査を頼みたいと思っても、どこにしたらいいんだろうと悩むのが一般的なのではないでしょうか。
探偵業務を行なう事業所は、公安委員会への届出が不可欠です。
認可がおりた事業所には許認可番号つきの探偵業届出証明書が交付されます。ま一緒に届出を出している会社なのかは、この番号で分かるというものです。
ですから広告や看板、ホームページ等に届出番号があるかどうかはチェックするべきです。
浮気していたことがわかり、これから離婚裁判や慰謝料の請求などを行なう際は、浮気していたという証拠がなければいけません。どのようなものでも証拠になるというわけではなく、肉体関係があると客観的にわかるような手紙やメール類、不倫相手とラブホテルに出入りしたときの写真や動画、交際相手と交換した念書、旅行メモ等です。それに、スマートフォンのメール、LINEのトーク履歴を証拠採用することも多くなりました。
配偶者に浮気をされた時、しっかり思い知らせてやるには、社会人としての信用や、公共の場での立ち位置をおびやかしてやるのが良いのではないでしょうか。
持ちろん、第三者を巻き込むに足りる証拠が必要ですが、それさえあれば、アトはもう好きなように「報い」をうけてもらうことができます。面倒なので私はしませんが、不倫相手の勤務先や家族、親族に浮気の事実を知らせる人もいます。噂は消えず、家族関係も冷え、しごとも追われる。まあ、それなりの報いをうけるわけです。
かつては安値で探偵を引きうける業者は劣悪という印象でした。
多少しごとがアバウトだって、新規の依頼人には分かりませんから、無理もないです。現在はインターネットが普及して、まともな会社か沿うでないかは利用者の口コミなどを見ればわかると思います。
安すぎる業者を選んで失敗する例もある一方、ただ高いだけのところに浮気調査を依頼してもバカを見るだけですから、実力と料金のつり合いがとれた会社であれば、アトで後悔することもないでしょう。
私ではなく職場の同僚の話です。奥さんが浮気していて、その浮気相手に対し訴訟を起こしたいと言っているのです。しかし訴訟というものには裁判費用などがかかるのではないでしょうか。
あきらかな不倫の証拠を突きつけてやって、不倫相手に慰謝料の支払いを求め、今後の接触を禁じるのも一計ではないかと提案してみました。個人情報保護という考え方が浸透してきたせいか、幾ら浮気の調査でも、ターげっと〜の尾行や周囲での情報収拾を行って発注者に情報提供する探偵のしごとと法律に抵触しないのかと心配する方もいるようです。
ご心配なく。
探偵業法を遵守していれば違法ではありません。
平成19年に探偵業法が施行されるまでは、興信所や探偵といった調査業者への明確な規制がなく、個人情報を悪用した犯罪や、不適切な営業(契約)などの被害を未然に防ぐべく策定されたのです。スマホに買い換えたときは「いつでも使っていいよ」と言っていたのに、近頃不自然に隠すそぶりがあるんです。ついに浮気されちゃったのかと、ショックをうけました。相手が誰なのか無性に知りたくて(全然知らない人の可能性もありますが)携帯の履歴を見ようとしたのですが、こともあろうにしっかりロックされていて、何も得ることができませんでした。泥沼は嫌なので、これは探偵業者に調査してもらうべ聴かと思いましたが、主婦のへそくりもないので、ためらっているところです。

中堅どころの探偵社に探偵として勤務している者です。不倫の証拠集めには調査に慣熟した

中堅どころの探偵社に探偵として勤務している者です。
不倫の証拠集めには調査に慣熟したプロであることのほかに、勘や要領の良さも不可欠だと思っています。想定外のことがたくさん起きますし、それを即応すべく、「経験に基づいた判断力」が必要です。
不倫調査をしていることが相手やその関係者に知れると、依頼人を推定しやすいということからも、常に細心の注意を払うことがプロの探偵です。
参りました。
うちの旦那さんの浮気って、一時の気の迷いなんかではなく、まさに芋づる式でした。
それも入籍する前から浮気相手の数も二人や三人では済まないというから腹が立ちます。今さら知りたいとも思いませんが、浮気性って言うじゃないですか。それにしても本能なんでしょうか。
まさか、ですよね。一度ならず繰り返す彼を許して生活をやりなおす価値すらないような気がして、別居とかいうのでなく、即離婚でしょうね。
浮気の気配を感じたら、探偵業者にすぐ調査を依頼せず、事前相談といった形で無料で話をきいてくれるところを利用すると安心ですし、身構えせずに済むのでいいでしょう。
家庭内でのゴタゴタで気持ちの安定を欠いているときに、信頼できるかどうかもわからない会社に浮気調査を依頼するのは、やはり不安でしょう。
そのような不安を少しでも減らすために、まず相談だけしてみて、誠実そうなところを選べばよいのです。配偶者の浮気にピタリととどめを指すには、明確な浮気の証拠をつかみ、慰謝料としてある程度の金額を請求するのが、よく効くようです。不倫の相手のほうでは後先のことまで考えが及んでいないというパターンが多いです。代償としての慰謝料を要求することにより、彼らがやったことの反省を促すワケです。複数の探偵業者が存在する以上、競争というものが発生します。
その中で、格安価格を売り物にしたり、なんでも時給換算で明朗会計なんていう業者も増加する傾向にあります。
ただ、状況に応じて追加料金が必要な例もあり、アトになって料金が割高になることもあるので、契約する前に、そういった疑問点を解消し、時間とお金を無駄にすることがないよう気をつけるようにしましょう。配偶者の浮気を興信所に調査して貰うときは、根本的にどういった目的があるのかをあきらかにしておくことは欠かせません。不倫関係を解消指せたいのか、あるいは離婚裁判のための証拠が欲しいのかなどを区別して、伝えておく必要があります。
依頼している(期待している)内容によって、探偵の調査内容にちがいが出てくる場合が多いからです。不倫の双方が既婚者である場合、浮気をやめようと思った理由には、実親や配偶者に妊娠を望まれ立というのが多く、嫌いで不倫しているのではないことが窺われます。本来大事にすべき相手を騙していることに心苦しく感じたり、不倫相手も家庭があるのだと思うと、ふいにうんざりする気持ちが出てきたりします。それに、職場が変わったり自宅が転居し立ときも今までと勝手が違うため、今までの罪の意識も手伝って、関係解消へと動いてしまうのです。一般に知られている通り、同窓会での再会は、不倫に走るきっかけになることが本当に多いです。好きだった人が素敵な大人になって現れたり、学生(大人になってからあえてなる方ってかっこいいですね)時代のノリで異性であることをあまり意識しないため、やすらぎ感が好意に変わりやすいのだそうです。
クラス会が終わってから、相手の様子がおかしければ、浮気を疑ったほうがいいでしょう。ダンナの不倫や隠し子などの調査依頼のために探偵の元を訪れるとかいう設定は、レディコミやドラマでも誰でも見かけたことがあるのではないでしょうか。
素人が探偵と伴に行動するシーンもあって、自分でもできるような気がしてしまいますが、調査対象が用心している場合などでも秘密裏に後を追って、証拠になる写真まで撮ってくるのは初心者には到底無理です。
相手にバレて逆に激昂されたり揉めるといった事態を避けるためにも、プロに任せるのが一番安心です。興信所や探偵社に不倫調査を依頼する場合、依頼者からするとその費用は、非常に重要な問題だと思っています。
このごろは、調査業務に関する相談は無料という事業者も増え、費用のわからないまま契約するなんてことにはなりませんが、強引な勧誘や詐欺まがいの業者に遭うのが心配なら、いきなりむこうの会社に行くのではなく、喫茶店やファミレス等で顔合わせするという手段もあります。
契約の強要といった事態の防止にもなるので安心です。
配偶者が浮気する理由として多いのは、配偶者との生活のマンネリ化が耐えられないといった、利己的でなければ言えないようなものです。また恋愛対象になってみたいという気持ちが不倫を美化してしまうところもあるようです。そんなことにならないよう、お互いの話に耳を傾け、不安なこと、不満なこと、多彩なことを語り合うことが必要ではないでしょうか。
浮気している人の嘘ってけっこうわかるんですよ。
それにはいつもと同じようにサラッと訊いてみるのです。
人間はウソをつくときほど快活であったり不機嫌であったり、強い感情を質問者にアピールしてきます。
ちょっと質問しただけなのに、ズラズラと話しすぎるのも怪しいです。
隠し事があればあるほど、偽りの真実を美しく塗り固めようとして話し続け、ボロが出ます。
目を合わせて話をしていると、やたらと目線を泳がすのでも分かります。こちらが落ち着いているほど効果的です。探偵社の数は多いですが、どれでも良いワケではありません。前もって企業情報や利用者の評価などを調べることが大事です。
評価が芳しくない探偵では、不当に高い料金を請求してきたり、満足な調査をしていないこともあるようです。
一定以上の評価を得ている業者なら、悪質な請求をつきつけられる可能性もないです。
何より、良いシゴトをしてくれると思っています。素行調査や証拠集めなどを探偵に依頼するときは、個人探偵ではなく法人(企業)に申し込むのが一般的かつ確実だと思っています。代金に見合ったシゴトをして貰うためには、何社かを比較してみることが大事です。調査によって費用は変わるものの、その上限ぐらいは理解しておきたいですね。
法外な請求をしてくるような悪徳業者を避けるための自衛策でもあるのです。
法的な判断材料となる不倫の証拠がければ、離婚や慰謝料請求の訴えを行ってもおそらく不利になると思っています。
パートナーの不倫行為が立証できなければ、裁判で不倫そのものが否定される場合もあるのです。また、明らかな証拠があれば有利に裁判が進むのは、言うまでもありません。
思いちがいで離婚裁判や慰謝料請求なんてことを防ぐために、しっかり調査することをオススメします。
不倫というのは一生続けられるものではありません。
浮気が露見した結果、家庭や交遊関係が滅茶苦茶になっ立とか、住宅ローンの精算や慰謝料などの問題に発展する場合もあるワケです。
表面上なにもなかったように過ごす夫婦もいれば、不倫から結婚に至ることだってあります。どういうルートを辿ろうと、不倫でハッピーエンドになることは期待するだけ無駄です。探偵と興信所はどう違うのかと質問されることがありますが、ちがいといえば単なる社名のちがいと思って頂いて構わないでしょう。
両方とも探偵業務と報告を行うことはちがいがありません。
もし依頼するのが浮気調査などであれば、特に気にすることはありません。
とはいえ、得意とする分野についてはおのおのの会社で違ってくるので、口コミを調べたり営業所に訊いてみるといいでしょう。不倫関係を精算したきっかけで一番多いのは、当然かもしれませんが、配偶者への暴露です。
ただ、一般人が自力で不倫の証拠を押さえるというのは難しく、気分的にも良いものではありません。
どうしたって探偵事務所や興信所等に相談し、調査して貰うほうが失敗もなく、気苦労も少なくてすむでしょう。
そうは言っても、これは疑わしいと気付くのは、あくまでも自分自身でやらなければいけないのです。
会社規模が大きければ大きいほど絶対にハズレがないとは言い切れませんが、やはり規模が大きめの探偵社(興信所)に頼むとリスクを避けることができるのでオススメです。
会社規模が小さなところでは、ろくすっぽシゴトもしないくせに代金を請求してきたり、別料金を含む料金体系が不明瞭な会社もあるそうです。
また、営業所の相談員の態度なども依頼するかどうかの判断材料になるでしょう。前からなぜか不倫の兆候があったんですよね。確証が欲しくて、インターネットで調べてみたんですけど、比較サイトや公式サイトがたくさん見つかりました。問い合わせは複数の会社におこない、もっとも相談員さんの対応が良かった興信所に依頼しました。
覚悟してい立とはいえ、あれだけの証拠を目の当たりにすると、やはりショックでしたね。
想像がつくかもしれませんが、探偵業で依頼される調査のほぼ8割は、不倫関連の調査です。
どのように探偵が調査しているのかを、不倫調査を例に取り上げてみました。
一番多い手法としては、勤務先や居住地といった個人情報をベースに、相手を追うことからはじまります。
依頼者なら相手の行動もある程度予測がつきますから、浮気しそうな日を絞って証拠を入手します。
探偵が対象に接触するのは法律で禁じられているため写真撮影が主です。探偵社に調査を頼んでも、結果が出せないことがあります。
それは不倫の証拠集めで期間内に調査対象にそういった行動が見られないという案件です。
しかし日数ではなく、調査能力不足によって証拠をあげられないというケースもないワケではなく、シゴトを発注する探偵社のクチコミ等をあらかじめ確かめてから契約するのが大事です。そして面倒がらずに探偵にじっくり相談するのも結果に大きく影響してくると思っています。パートナーがとっても用心深い場合、自力で浮気の証拠を押さえるのは無理というものです。
ただ、証拠というのは重要です。
もしあれば、離婚してもしなくても、話を有利に進める材料になるのです。ですから、不倫をしているなと思ったら、裏付けをとるよう探偵社に依頼すると良いのです。調査費用はかかりますが、体の関係があると思われるような写真のように、あきらかな証拠が得られるでしょう。ネットで検索すると探偵社がたくさん出てきて困っていませんか。
調査相手には行動範囲があるワケですから、地域を意識して、ウェブで検索してみるといいですね。
ある程度の選別ができたら電話をかけて、依頼したい旨を伝えてみましょう。
幾ら悩んだところで実際に話してみなければ、探偵社の雰囲気すらわからないです。
電話番号を非表示にしてかけることもできるのですから、まずは電話です。一般的に不倫で結婚した人は幸せを感じにくいといわれています。
もちろん、やっかみで言っているのではないです。
どう言い繕っ立ところで自分の幸福のために、平気で別の家庭を壊したりできるのですし、もし結婚できても、知り合った経緯からして話せませんし、いつかはばれるのではと怯えてずっと暮らしていくのです。
不倫相手と結婚したって、興奮や癒しをもとめて不倫が再発することだってあるでしょうし、心が落ち着く暇もないのではないでしょうか。男性は外に出るせいか、浮気するものと思われているフシがあります。しかし、女性も浮気しますよね。同窓会以外にも職場やコドモの学校関連など、女性だけが出会いのチャンスはたくさんありますし、不倫ドラマが大ウケする時代ですから、夫やコドモがいても、浮気する人はするんです。そんなワケで浮気に抵抗感のない女性も増えてきていて、旦那様側が探偵に相談するケースも多くなっているようです。婚姻中に不貞行為があったために家族会議でも離婚話が進展せず、離婚調停が必要になることもしばしばあります。
調停の場では家事調停委員を間に入れて話し合いが行なわれるため、当人立ちだけよりも解決に向けて進展しやすいというメリットがあります。前の日はよく眠り、気楽に行くことです。
やられた方にとっては堪ったものではないですが、浮気はぶり返してしまう常習性のようなものがあるようです。交際相手とのやりとりが見つかって、一応反省はするものの、こっそり連絡をとって、ほとぼりが冷めるのを待っている危険性もあります。
言動から怪しさを感じ取るようなことがあれば、調査を探偵社に依頼して、不倫相手との交際がはっきりわかるような証拠を握って、お灸をすえてやりましょう。探偵社の評価を確かめもせず契約してしまうと、満足な調査が行なわれなかったり、お金を溝に捨てるようなはめになるのです。
事務所に相談に行った際、契約を急いだり、相談者に心理的な重圧をかけてくるところは危ないと思ってよいでしょう。一度断ったのに、やたらと電話で勧誘してくるのも、立ちの悪い業者によく見られる傾向です。普通の営業をしている探偵業者なら、そんなことはしないはずです。
現実的な話、探偵に任される調査の大概は不倫(の疑い)の素行調査です。なぜか行動が怪しいから、浮気しているかどうかだけでも知りたいというものや、裁判で有利になる証拠が欲しいという依頼まで、目的に合わせた調査を行うので費用の無駄がありません。
とりワケ、不倫相手に慰謝料をもとめる場合は、証拠が明確であることが大事ですし、専門のノウハウがある探偵を頼むのがいいですね。