探偵に浮気調査を依頼する際、調査料金は業者によってまあまあの違い

探偵に浮気調査を依頼する際、調査料金は業者によってまあまあの違いが出てきます。
安易に一社に絞り込まず、多少面倒でも複数の探偵社に見積り依頼しておくほうが納得がいく契約が出来るでしょう。
アト、ちょっとしたコツなのですが、調査する相手の情報をデータとして用意するか、メモなどで整理しておくと、調査の無駄を省くことができ、費用圧縮になります。
浮気をやめた(やめざるを得なかった)理由で圧倒的多数を占めるのは、浮気が発覚したからだそうです。
ただ、一般人が自力で不倫の証拠を押さえるというのは難しいし、却って警戒されるかも知れません。
探偵や興信所などノウハウのあるところに相談し、調査して貰うのが効果も高いうえ確実です。ただ、これは怪しいと気付くのはあくまでも自分自身でやらなければいけないのです。私は大手探偵社の調査員をしていますが、不倫の証拠集めには要所ごとの手際の良さと、3カン(感、観、勘)が要求されます。想定外のことがたくさん起きますし、それを即応すべく、「経験に基づいた判断力」が必要です。
不倫調査をしていることが相手やその関係者に知れると、依頼人を推定しやすいということからも、徹底的に注意を重ねるのは常識です。対象者になった経験のある人の追跡は、さらに注意が必要です。
夫の浮気って、妻なら日常に気をつけることで防げると思うんです。
例えば、向こうの言い分や趣味など全てを受け入れることです。私だって我侭も言いますが、引き際が肝心。
本気の言い合いになりそうなことは(思っていても)言いません。
また、家の収支に問題があれば相手にアドバイスを請う形にしています。男の人のプライドを大切にして、妻らしく容姿外見にも気をつけて、いわゆる女子力を常にブラッシュアップしておけば、心が離れることもなく、浮気もないように思います。
ほんの出来心であろうと、不倫行為の代償というのはけして安くはありません。もっとも、パートナーの対応によって違ってくるでしょうが、単純に離婚されるだけではなく、不倫の慰謝料を要求されることもあるでしょう。
軽い気持ちで初めても、浮気がバレた時点で、一般的な幸福や信用、金銭など多くのものを犠牲にして償っていかなければいけません。
不倫の調査は相手と近い関係であるほど尾行発覚のリスクが高いだけでなく、つい感情的になって決定的な証拠を逃してしまう危険性もはらんでいます。
探偵社に頼めば、ターゲットにばれることなく不倫の証拠を集めるテクニックに習熟しているため、自分や知人などが調査するより確実に目的を完遂することができるはずです。
トラブル回避のためにも利用をお勧めします。
持ち歩いていて何かと便利なスマホ。
しかしそれが元で隠しつづけていた浮気がバレるという例も増えてきました。
パソコンのメールや携帯電話の着歴に代わり、現在はスマホのラインのトークやメールなどに不貞行為の一部始終が残されているというのは当然でしょう。
わざわざロックしてあったりしたら、十中八九、浮気の証拠がそこにあるといっても良いのではないでしょうか。
興信所に浮気調査を依頼すると、刑事ドラマで「あるある」みたいな方法で行動調査を行っていることもあります。追尾調査、張り込みは基本ですし、行動範囲やパターンを分析し、必要があれば周囲に聞き込みなどをして、それでいて怪しまれない方法を身につけています。それに、あくまでも企業秘密で、教えてくれない調査方法もあるとも言われています。ネットで検索すると探偵社がたくさん出てきて困っていませんか。そこで目安になるのは「地域」です。
誰しも居住地と勤務地をまん中に行動するため、対象地域に営業所があるかどうかウェブで検索してみると良いでしょう。
いくつか選んだところで最寄りの営業所か代表電話に電話して、話してみると良いでしょう。相手は専門家ですが、話をしてみないと、探偵社の雰囲気すら判断しようもないです。電話から最初の一歩を踏み出しましょう。配偶者に浮気をされた時、しっかり思い知らせてやるには、社会人としての信用や、公共の場でのたち位置をおびやかしてやるのが良いのではないでしょうか。
それには証拠固めが不可欠ですが、きちんとした裏付けさえとれれば、アトはもう好きなように相手を追い込向こともできるし、目に物見せることが出来るでしょう。それでは気が収まらず、浮気相手の勤務先の上司や配偶者、義両親にまで通知するケースもあるようです。
転職や家庭崩壊など、碌なことにならないですよ。それを分かってて不倫するほうが悪いんです。かつての探偵業界では、安値イコール悪かろうの認識がありました。顧客は一見さんが多く、手抜きはバレないだろうと思われていたからです。
ただ、最近はネットがあることですし、劣悪な業者かどうかも利用者の口コミなどを見ればわかると思っております。
安値ばかりにこだわれば品質が落ちてしまいがちですが、ただ高いだけのところに浮気調査を依頼してもバカを見るだけですから、実力と料金のつり合いがとれた会社を見つけ出すしかないのです。不倫の疑惑があるからといって調査まですることはないと思っている人は少なくないでしょう。とはいえ不倫は些細なことからはじまるので、仕事場はオバさんばっかりと本人が言っていたとしても、用心すべきです。常時いる女性とは異なり、営業などで時々訪れる相手なら、不倫がバレにくいからです。
不審な点があれば、探偵事務所に浮気調査を依頼すれば、不安を募らせることもありませんし、精神的な疲弊をかかえずに済むでしょう。結婚(人生の修行だという説もあります。
最も修行になる相手とパートナーになるんだとか)相手や婚約者の不倫に気づいた女性が探偵を雇って調査するというドラマやマンガって、時々見かけます。話に出てくる探偵というのは単純で、わざわざお金を出して頼むまでもない気がしますよね。しかし、例えば警戒している調査相手にわからないように後を追って、証拠になる写真まで撮ってくるのは初心者には到底無理です。相手にバレて逆に激昂されたり揉めるといった事態を避けるためにも、プロに任せるのが一番安心です。探偵社で働くには特別な資格は必要としません。その代わり、不貞行為の調査などで成果をあげるには、慣熟したスキルというものが必要です。
まともな会社は職員の教育には本当に熱心です。しかし一部の業者ではマニュアルをさらったぐらいのアルバイトが現場に配置されていることもあるそうですし、気をつけなければなりません。価格に見合った技能を持った探偵に調べて貰い、的確な資料を集めて貰うことが確実な成果につながるのです。
探偵社に入ってくる事案でもっとも多いのは浮気の行動調査ではないでしょうか。
不審な行動があるので、浮気しているかどうかだけでもしりたいというものや、裁判で有利になる証拠がほしいという依頼まで、ニーズに応じた調査を行います。
とくに浮気対象に慰謝料の支払いを要求する際は、はっきりとした裏付けをとるためにも仕事慣れした探偵に頼むのが御勧めです。
パートナーに浮気され裏切られた人のメンタルケアをおこなう相談員がいるのをご存知でしょうか。
経験値の高いプロに相談することで、精神面の回復を促し、心の健康を取り戻していくことができるはずです。
浮気相手と二股かけられていたことで相手と別れても他人を信用できなくなったり、将来に対して消極的に考えてしまうことも多いようです。
もし離婚せず、夫婦関係の修復をはかる際も、利害の絡まない相談者がいたほうが、上手くいくことが多いです。
探偵を頼む上で大切な調査手腕や技術力は、企業規模も確実に影響してきます。
フランチャイズで幅広いエリアをカバーしている会社は、調査用の資材や方法などについて最新のノウハウを持ち、その点ではけして他社に劣らないというメリットがあります。
規模の大きなところは調査員は持ちろん内勤の相談員などの指導育成が徹底しており、必然的に仕事の品質にフィードバックされてくる理由です。
浮気の理由とかきっかけを聞いてみると、そのほとんどは、配偶者との日常生活に飽きたといった、利己的でなければ言えないようなものです。
恋愛していたときの高揚感をもう一度得たいという衝動が結果的に浮気という形で出てくるのです。理由が分かったところで許せるものでもありませんから、あらかじめ二人で歩み寄って、おたがい不安なこと、不満なこと、さまざまなことを確認しあうのが大切だと思っております。
相手の不貞行為が判明した場合は、誰だって頭の中が混乱するものです。
徐々に落ち着きを取り戻してきたら、浮気に対してどのように臨んでいくか考えましょう。
浮気なんていうものは、やってしまった人間が「有責」なのです。あなたの胸の内では慰めにならないかも知れませんが、心労や今後の生活上の不都合に対する慰謝料を請求するのは、配偶者として当然の権利です。
探偵業者では相談までなら無料というところが増えてきました。
贔屓の探偵社がある人なんていませんから、これは是非とも活用したいサービスです。相手の対応はその後の仕事に反映するでしょうから、会社を選定する上で重要な情報が得られるからです。
ベテランのスタッフと話をすることで、自分の悩みや気付かなかったところを、あらためて冷静に確認できるようになってしまうというメリットもあります。どの業界でもそうですが、探偵でも怪しいサギまがいの業者があるのが現実です。
安易に依頼せずにクチコミなどをみて検討し、信頼ベースで選んだほうが良いですね。ごく普通の素行調査(浮気等)でも、きちんとした裏付けを取るのに必要な時間というのは、幅があります。
どのような調査でどれくらい時間と料金がかかるのか、説明をしてもらって納得できたら契約を交わすと良いでしょう。
浮気調査を探偵に依頼するとき、対象に内密に尾行や張り込みなどの調査を行い、そこで得た証拠や情報を顧客に売却する探偵の行動が法律に抵触しないのかと心配する方もいるようです。ご心配なく。
探偵業法を遵守していれば違法ではありません。
この法律が発効されたのは平成19年です。
それ以前は探偵業者の業務や契約に関する全国的な法規制がなかったために、業者の違法行為による被害から個人を保護するために策定されたのです。
離婚すると、浮気経験のある親というのは子供の親権を取得するときに不利だと思われているみたいです。倫理的に言うとそうかも知れません。
ただ、裁判所は違う考え方をします。
裁判上の親権の判定では、子供と生活上きちんと接しているか(同居が前提)や、育児への参加度合いといった点を見ていきます。最終的には子の育成にどれだけ適した環境を用意できるかが優先されると考えて良いでしょう。
探偵を頼むには、ひとまず電話をかけて話をしましょう。
電話でスタッフと話してみて、詳細を打合せたいというときは、事業所へ行くという運びになります。その場で打ち合わせをして依頼するという段取りになったら契約になります。
ここへ来てやっと探偵による調査が開始されます。
探偵業者の電話にかかってくる相談の過半数は、不倫の有無を調べる追跡調査です。
どのように探偵が調査しているのかを、不倫調査を例におさらいしてみましょう。標準的な不倫調査としては、依頼者から得た情報を基に対象の追跡を行います。四六時中尾行しても気づかれるリスクが高く無駄骨なので、浮気しそうな日を絞って不貞行為の証拠を入手します。出口の見えない不倫でも、かならずおわりがあります。
不貞行為を責められた挙句、家族、親族、同僚などからそっぽをむかれたり、住宅ローンの精算や慰謝料などの問題に発展する場合もある理由です。
表面上なにもなかったように過ごす夫婦もいれば、不倫から結婚(人生の修行だという説もあります。
最も修行になる相手とパートナーになるんだとか)に至るパターンもあります。
落ち着く先はさまざまですが、心の底から安心して幸せになってしまうという到達点は、期待するだけ無駄です。最近は探偵も興信所もその差は名前だけだと言えます。
探偵業を営むという点で共とおしており、開業には一緒に公安委員会の認可が必要です。ですから、不倫の調査をして貰う分には、どちらに頼んでも問題はないということです。といっても、どのあたりの分野を得意とするかは、調査スタッフや会社によっても変わってくるでしょうから、契約前に掌握しておきたいものです。
探偵業者に依頼する際に無視してはならないのは、総コストではないでしょうか。コストテーブルがあるとはいえ、依頼内容によって増減はあるので、定価というものは存在しません。行動調査(不倫など)の場合でしたら、作業時間を1時間とすると相場的には3万円以下、2万円以上です。
まともな業者であれば同じような価格帯だと思っておりますが、直接、業者に価格を問い合わせてみることが一番でしょう。
2社以上に聴くとさまざまわかって良いですよ。不倫がわかり、裁判所に離婚の申し立てをおこなう際は、不倫行為を証明する物証がモノを言うでしょう。
証拠に採用されるものとしては、性的な関係にあることがわかる文書(メール、手紙)や、ラブホや不倫相手宅に通っているときの写真、交際相手と交換した念書、旅行メモ等です。
それに、スマートフォンのメール、LINEのトーク履歴が証拠として採用されるケースが増えました。
業界で名の知れた会社が100パーセント素晴らしいとは言いませんが、やはり規模が大きめの探偵社(興信所)に頼むと損はないと思っております。
小さな事務所の中には、充分な調査をせずに金銭だけを要求してくるところや費用の説明が不十分なところもあるからです。持ちろん、電話での応対や事務所スタッフの説明の仕方なども重要です。

探偵と興信所はどうちがうのかと質問されることがありますが、ちがいとい

探偵と興信所はどうちがうのかと質問されることがありますが、ちがいといえば単なる社名のちがいと思って頂いて構わないでしょう。
探偵業を営むという点で共とおしており、開業には供に公安委員会の認可が必要です。不倫調査という点でいえば、どちらに頼んでも問題はないと言うことです。
ただ、ある程度の得意分野だのはおのおのの会社で違ってくるので、そのあたりはおさえてから契約したいものです。
先日、浮気の慰謝料に請求期限があるのを知りました。
時効といって、誰と不倫していたかがわかってから3年以内か、もしくは不倫の事実から20年が期限となっています。時効が迫っているときは裁判を起こすことで、この時間経過を止めて、時効を事実上なくすことができます。つまり、時効が近い場合は、自ら裁判を起こすことも方法の一つです。調査業務で探偵を雇うときは、まずは先に電話をかけてみることからスタートです。
電話口での相談で相手の応対をみて、その上で詳細な話をするとなれば、事業所へ行くという運びになります。
その場で打ち合わせをして納得したら契約書にサインして、調査員へのGOサインが出されます。
W不倫経験者に不倫を止めた理由について質問すると、パートナーとの間にコドモができたり、あるいは欲しがられたからというのが少なくありません。
本来大切にすべき相手を騙していることに申し理由ないという気持ちが生じたり、不倫相手も家庭があるのだと思うと、ふいに嫌気が指してきたりするようです。もしくは、転勤や世帯構成の変化などで今までのように会えなくなったりすると、後ろめたさも手伝って、ついに別れようという気持ちになりやすいといわれています。
未成年の子がいて離婚する場合、立とえ実の親子でも不倫なんかしていると子の親権を奪われやすいと誤解されがちです。倫理的に言うとそうかも知れません。ただ、裁判所はちがう考え方をします。
コドモの親権というものは、裁判では日常生活を供に送れているかや育児への関与などを重くみる傾向があります。
調停委員がコドモ自身から意見を聞いたりもするように、どれだけコドモの生育環境としてふさわしいかがカギなのです。探偵業者にかかる費用には幅があって、時には極端に高い料金を請求してきたりする場合もあるようです。
しかし、高額請求の背景にハイクオリティなしごとがあるのかと聞かれれば、一概に釣り合っているとは言えません。高額な料金を請求しておきながら、最も大切な不倫の裏付けすらできなかっ立という結末にならないためには、契約を交わす前に平均的な価格についてチェックしておきましょう。パートナーの不倫が元で家族会議でも離婚話が進展せず、離婚調停にまで発展する場合もあります。
家事調停委員が加わり、第三者がいる場所で公平に意見を出し合う機会が設けられるため、どちらかが怖がったり渋ったりしている場合でもスムーズに済み、時間の引き伸ばしも最低限で済むというメリットがあります。前の日はよく眠り、気楽に行くことです。立とえ調査内容が同一でも、浮気調査の代金は探偵社次第でまあまあなちがいがあるようです。話を聞いてくれたからと最初の業者に決めてしまいがちですが、契約前にいくつかの会社に見積り依頼しておくほうが納得がいく契約が出来るでしょう。
それと、調査してほしい相手の行きつけの店や交遊関係などを、あらかじめ調査員に細かく教えておくと、効率良く調査できるので、コスト削減にもなりますし、しごとの精度も上がります。浮気した伴侶への仕返しは、やはり、家庭での立場や信頼を揺るがせたわけですから、それを「社会的」にそっくり返してやることです。
もちろん、第三者を巻き込むに足りる証拠が必要ですが、きちんとした裏付けさえとれれば、もう、思う存分、「報い」を受けて貰うことができます。中には浮気相手への追及もぬかりなく、職場や家族、親族に浮気の事実を知らせる人もいます。
職場を替らざるを得なくなったり、信頼がなくなり、それなりの報いを受けるわけです。だいたいどのあたりで浮気だというのでしょう。それは、個々の道徳意識によって異なると思います。
「私より他の女性を優先した」とか身体的な接触が少しでもあれば浮気と言う人も、いないわけではないです。実は不倫には法律上の定義があり、肉体関係が生じた段階で「不貞」となります。
まあ、どちらにせよ、いかにも浮気ととられかねない行動は、しないほうが良いです。
もし浮気されてしまった場合、それがわかった時は、落ち着けと言われても無理かも知れません。
徐々に落ち着きを取り戻してきたら、浮気に対してどのように臨んでいくか考えましょう。
「浮気は甲斐性」だなんてとんでもない。
あれは、裁判での離婚理由にもなる「不貞行為」なのですから、あなたの胸(自分よりも実力やキャリアがある人と仕事をする時に、「借りる」なんてよくいいますよね)の内では埋め合わせをすることはできないでしょ受けれど、あなたが苦しんだ分の慰謝料を要求するのは当然のことです。
パートナーの不倫を疑って探偵業者に調査を依頼する際は、ある程度まとまった資金を要します。探偵業務にかかる費用は、具体的には不倫の行動調査の場合、20万円(4万円で5日間)程度をみておくといいでしょう。
費用は依頼内容や調査期間によって変わりますが、どのような調査を依頼する際でも概ね5、60万程度と考えておくと不足はないと思います。通常の金銭感覚からすれば、浮気調査に探偵を雇うときの費用というものは、けして安いものではありません。とはいえ、価格重視で選んでも裏付けがとれなかったり、相手に調査がバレてしまったりしたら、お金の無駄どころではありません。理想から言えば、調査能力を第一に考えるべきですが、高値設定のところほど、相応の調査能力があるかというと、素人目には判断がつ聴かねます。
もしパートナーの浮気が発覚した際は、指しあたっては今後の動向を考えるために気持ちを静めて冷静になることを優先しましょう。
いまさら夫婦関係を続けていくことに抵抗があれば、離婚とか、そうなると慰謝料の請求なども勘案しなければいけません。
夫婦で話し合う時間を確保し、これからどうするかしっかり話を詰めておきましょう。
不倫の結果として生まれたコドモでも認知請求することは出来ます(民法779条)。
一度認知させればコドモの養育費などを請求できるため、コドモとその親にとっては大切な手つづきでしょう。
浮気だからと認知に消極的なときは、認知請求の訴えを家庭裁判所に申し立てるという手段もあります。コドモができないうちになんとか不倫をやめさせないと、長期的に見てかなりの不利益があると思っていいでしょう。
里帰りや同窓会など、再会のシーズンは要注意。禁断の恋に陥るケースが多いことが知られています。
憧れの人と話がはずんでしまったり、同年代の思い出があるせいか当初は男女を意識せず、やすらぎ感が好意に変わりやすいのだそうです。そういった再会を機にパートナーの挙動に不審を感じたら、不倫か、その一歩手前にいるのかも知れません。
なぜか不倫の気配を感じたら、一人で悩むより、早めに証拠を入手すべきです。その際、証拠となるものは、写真でしょう。
誰が見たって浮気だとわかるものが良いのです。
個人が不倫の尾行をしたり、裁判や慰謝料の要求に役立つような裏付け資料を手に入れるのは相手に発覚するおそれもありますから、探偵業者に依頼することも検討すべきです。以前は携帯を目覚ましがわりにしていたのに、急にマナーモードにしだしたので、不倫もあるかもしれないなと疑うようになっても当然でしょう。相手が誰かだけでも知りたくて、チェックしてみましたが、いまさらながらにロックしてあることに気づき、結局、手も足も出ませんでした。言い合いになるのも虚しいですし、今こそ探偵さんでしょと、なぜか冷静に考えてしまったんですけど、主婦のへそくりもないので、思案中です。
探偵御用達のツールとしては、無線発信機が全盛だったころもありますが、現在はより高い精度のGPSを使うところが多く、古い無線発信機に頼っていた頃と比較すると尾行失敗(失尾)の確率を下げるのに役立っています。最近の高性能GPSというのは正確で、コンクリート製ガレージの内側等でもなければ車両を発見することは簡単になりました。そんなGPSを設置出来たら、時間の無駄を最小限に、追跡調査ができます。不倫の証拠をおさえるための素行調査は、調査する相手と親しいほど調査していることに気づかれやすい上、もし自分が冷静でもカッとした相手の行動に対処できない可能性も否定できないのではないでしょうか。
その道の専門家である探偵なら、幅広い年齢層の調査員と、対象を警戒させずに不倫調査をおこなう技術があるので、自分でわざわざリスク(いかに損失を減らすか、迅速に適切な対処をするかが問われますね)を負うよりはるかにラクに浮気の裏付けがとれるはずです。トラブル回避のためにも利用をオススメします。
幾ら探偵であろうと、結果が出ない(出せない)ケースも存在します。
よくあるのは、浮気調査で追尾対象の行動的にシロだっ立という事例です。
しかし、調査が未熟なことで満足な結果が出せないときもあるわけで、自分が選んだ探偵業者の方針や利用者評価等を事前にリサーチしておく必要があるでしょう。
アトは、依頼者と探偵がお互いによく話して疑問点を解消するのが良い結果につながることもおぼえておいてちょーだい。たちの悪い興信所にあたってしまうと、きちんとした調査結果が得られずお金だけむしりとられることにもなりかねないので注意が必要です。
営業所に話をしにいった際、過度に不安を煽ったり、契約を急かすようなところは要注意です。
断ったり、返事を保留にして帰ったアトで、再々電話を繰り返し、相談者の根負けを狙うのも、たちの悪い業者によく見られる傾向です。
まともな探偵社や興信所であれば、けしてそのような行為はありません。どの興信所に依頼したら良いか分からない時は、調査対象となる人が住んでいる地域の会社をあたってみるといいでしょう。
土地勘がある調査員がいるほうが深い調査ができ、報告書の精度も上がるでしょう。
調査して貰う内容次第でも得意なこととそうでないこととがありますし、公式サイトや代表電話などで相談してみるのがいいでしょう。
調査会社に探偵を依頼する時に心配なのは、やはり支払い面でのことです。調査によって代金の相場はないわけではありませんが、依頼の詳細によって変わってきます。不倫の調査とかでしたら、作業時間を1時間とすると相場的にはだいたい2万円ぐらいです。
実績とつり合ってこそ支払う価値があるのでしょうし、プロに相談して見積もって貰うのが一番でしょう。
2社以上に聴くとさまざまわかって良いですよ。
いざ浮気調査を探偵に依頼するとなると、調査対象者の関係先をあたって情報を集め、クライアントに報告する探偵業というのは悪いこと(不法な行為)なのではと質問されることがあります。
現行の探偵業者は「探偵業法」の範囲内で業務を行っているので、その点では極めて安全です。
法律自体は平成19年6月に施行されましたが、それまでは探偵の業務に関する全国共通の規定というものがなく、悪徳業者による詐欺行為や不当な請求といったトラブル発生抑止のため策定されたのです。さまざま見ていくと、浮気相手と別れた理由で一番多いのは、当然かも知れませんが、「ばれてしまったから」です。
普通の人が不倫の証拠をつかむなんていうのはそう簡単なことではありません。
最初から興信所や探偵業者などのプロに不倫の調査を依頼するほうが失敗もなく、気苦労も少なくてすむでしょう。その変り、浮気の匂いを察知するあたりまでは、自分でやらなければいけません。
調査料金を探偵に支払うときは現金でないといけないというわけではなく、立とえばいくつかの大手探偵社の場合、代金の支払方法にクレジットカード払いも用意しています。クレカの利用明細の表記で探偵だと分からないようにしている会社も多いので、カードの使用明細によって探偵を頼んだことが気付かれる恐れもありません。
クレカで支払いができるようにするためには会社としての実績も必要ですから、良い業者の目安という事にもなります。
異性として見られた嬉しさから応じてしまい、支えあうつもりが泥沼にはまっていく。失うものが多いのに対し、得られるものが少ないのが不倫の特徴です。
もし、今の家庭環境に不満でも、別の誰かを見つけて再出発をはかろうなどと考えるのは、虫が好すぎるとは思いませんか。
夫婦の間で生じた不満なら、不倫より先に解決策もあったでしょうし、コドモの親という立場なら、無責任すぎるように感じます。後悔するのが分かっていても、浮気という手段をとるのでしょうか。
探偵は相談を受け付けますが、話をするのがしごとではありませんので、代金を支払った上でしごとを依頼することになります。
スタッフがおこなう調査の内容により、料金は異なります。追跡して行動を窺うような調査だと、短時間で済む場合もあれば、その逆もあり得ます。日時をどのように区切って依頼するかによってコストテーブルは変わってくるため、単純に言えば時間が長ければ長いだけ、費用はかさむはずです。不倫していると受け応えでも見抜くことができます。いつ持と同じようにサラッと訊いてみるのです。
大抵の人間はウソをつくとき、やたらとハキハキ回答したがりますから、それを見るだけです。また、簡単な返事で済むところを、ズラズラと話しすぎるのも怪しいです。
後ろめたいことを隠しているときは、偽りの真実を美しく塗り固めようとして話し続け、ボロが出ます。目を合わせて話をしていると、やたらと目線を泳がすのでもよく分かりますよ。